悩める人々を救って笑顔に|不動産売却は不動産会社に左右される

セカンドハウスの人気

別荘

豊かな生活を楽しむ

豊かな生活を楽しむためにはいろいろな方法があります。海外旅行や国内旅行、おいしいグルメを楽しむ他、高級車でのお出かけなど、人それぞれの楽しみ方があるでしょう。50代を過ぎたころから収入に余裕の出る人もおられます。近年、別荘を購入する人が多く、中でも静岡県の伊豆の別荘地の人気が高く、60歳を中心とした購入者が目立つようです。サービスをお金で買うのは簡単ですが、別荘となると不動産購入となるため負担が大きいです。ただ、バブル期に人気が高かった伊豆の別荘を購入する人が多く、また、その多くの伊豆の別荘が売りに出ており、中古物件として安く売りだされているため、一般人でも余裕が出てくる50代以降に別荘を購入する人が増えています。

新築よりもお値打ち

伊豆地方は海と山に囲まれ、1年間比較的温暖な気候です。魚介類等の海産物が豊富なこの地方は、食べ物がおいしいことや、温泉地としても有名です。元々、リゾート地として利用されることの多い地区は、バブル期に富裕層がゴルフやテニスなどのレジャーを楽しみ、温泉に入りながら日頃の疲れを落とすために別荘購入をした人が多かったのですが、バブル崩壊により価格は一気に下落、そのころの中年層はすでに高齢化により、物件を手放す人が多くなったのです。バブル期に建築された建物は比較的頑丈で高級な素材が使用されています。中古物件の購入後に設備の入れ替えやリフォームを行っても、新築物件の購入よりもかなりお値打ちとなります。